kitchen

diary

アルバイト募集のお知らせ

東京都現代美術館内「cafe hai」にて夏期アルバイトスタッフを募集しております。

2013年6月29日〜9月8日まで(経験者)

週3〜6日勤務可能

連絡先 03−5620−5962(担当 江藤/鈴木まで)

6月10日〜6月28日まで休館によりお休みです。

29日よりご連絡お待ちしております。(6月21日まではkitchen.03−3409−5039までご連絡下さい。

詳しくはこちらをごらん下さい。

よろしくお願いいたします。

|

2013年

本年もよろしくお願い申し上げます。

kitchen.は1月10日より通常営業しております。
cafe Haiは1月2日から通常営業中です。
企画展は2月3にまで。2月4日から4月5日まで現代美術館休館のためお休みとなります。
江古田マイマイさんのおとなりでマイマイ姉妹店の「ECODA HEM」が1月17日オープン!
Rimg1192_2
赤、青、黄色のタイルの3つの建物があって、それぞれ、cafeとriceとnoodleが食べられるスペースになっています。
Rimg1189
オープニングnoodleメニューは「牛肉の炒めフォー」。
Rimg1190
ハノイスタイルのフォー。もう一杯おかわり!したくなるほど美味しくいただきました。
riceのオープニングメニューは「とりのおかゆ」と「かきのおかゆ」。
「豚肉の炒めバインミー」も食べられます!

|

アルバイト募集のお知らせ

現代美術館内2階 カフェハイにて短期アルバイトスタッフ募集中。

期間 7月1日〜10月8日まで
   ・週2〜6勤務可能な方
   ・ホール、キッチン経験者の方

<お問い合わせ先>
03−3409−5039(kitchen.鈴木まで)

よろしくおねがいいたします。

|

本年もよろしくお願い申し上げます。

みなさまのおかげでkitchenも今年で10年目を迎えるます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

年末は、kitchenでおせち作り。
毎日ニョクマムの香りが立ちこめる店内も、昆布とかつおのおいしい出汁の香りが立ちこめるなか、お煮しめやなます、栗きんとん、黒豆、八幡巻き、伊達巻き、柚子寒天、花れんこん、たたきごぼう、えびのうま煮などなど作りました。

Rimg7183_2

Rimg7203_2

Rimg7172_3Rimg7156_5


Rimg7179Rimg7169


Rimg7153Rimg7180
年を越したら仕入れのためベトナムに。
ベトナムのお正月はこれから、ホーチミンはクリスマスイルミネーションでキラキラでした。

Cafe Hai 「11:00〜17:30ラストオーダー/定休日美術館休館日」
・1月2日から通常営業。
1月16日から2月3まで休館日のためお休み」2月4日(土)から通常営業。

kitchen. 「18:30〜21:30ラストオーダ/定休日土・日・月・祝日」
・1月6日(金)より通常営業。
とり鍋、トムヤムクン鍋、きのこ鍋、カインチュア鍋は事前予約にてお受けしております。ご予約の時にお申し付け下さい。

|

ベトナム屋台食堂

「cafe hai」は休館に伴いまして、1月31日(月)から2月25日(金)までお休みです。


「kitchen」は通常営業しております。

江古田にある「Maimai」に行ってきました。

マイマイはベトナムに行った気分を感じられる大好きな場所のひとつ。

焼きなすのサラダに始まり、豚肉の香り焼きや厚揚げのトマト煮、空芯菜の炒め物、イカのレモングラス炒め、などなどいろんなおかずとごはんをいただいて、最後にデザートに食べた黒ごまのチェーとケムボー。
Rimg2733_2

焼き肉のバイン・ミー。
バイン・ミーは週末のランチでいただけます。
Rimg2734

パンはふっくら、焼き肉と甘酸っぱいなますがよくあって、とってもおいしくいただきました。
Rimg2735

オーナーの足立さん、スタッフのみなさまありがとうございました。
ごちそうさまでした。

|

今年のスタート

本年もよろしくお願いいたします。

30日にはおせちを作り、お正月は自宅でゆっくり。
2日からは「cafe hai」がスタート。

Rimg2399_2

Rimg2413Rimg2414

現代美術館は、今月いっぱいで休館に入ります。
オランダのアート展、東京アートミーティングなどの企画展も1月30日までです。

近頃、美術館はのんびりしているので、ゆっくりするにはいい時期です。
ぜひ、お茶やランチなど、カフェまでお越し下さい。
休館に伴いまして、「cafe hai」も1月31日(月)から2月25日(金)までお休みになります。

ベトナム在住カメラマン「勝恵美」さんの写真展も企画中!!
詳細が決まり次第ご報告致します!

|

本の撮影

今年の12月あたりに出版される料理本の撮影。

P7101312_2P7101301P7101302P7101303P7101308P7101313P7101318P7101304P7101315P7101319

レシピを見ながら試作中。
いろんなべトナムおかずが満載です。

コーラのポスターのアインコア。カッコいい!!

試食中。
P7101321
ブン(米粉からできた麺。ちょっと発酵させてます。おそうめんみたい)
P7101323
パパイヤも入れて。
P7101324
あたたかいスープに肉だんごとたくさんのハーブをちぎって。
P7101325
ブンをつけて食べます。
P7101327
ンゴーン!!

|

che

Rimg0231_2Rimg0237

だんだんいいお天気になって冷たいものが欲しくなる季節になりました。

今週の日曜日はプランタンでチェーカフェメンバー3人で料理教室をします。
その時にご紹介する「トロピカルチェー」です。
マンゴーをベースにしたさっぱりしたおいしいチェーです!

受講されるみなさま、楽しみにしていて下さい!

kitchenでもあずきのチェーやフルーツのチェーなど日替わりでいろんなチェーをおだししています。
食後のデザートにぜひおすすめです。

|

カリフラワー

「カリフラワーのひき肉包み揚げ」
カリフラワーに
豚のひき肉、
赤たまねぎと香菜のみじん切り、
塩とこしょう
で混ぜた肉だねをつけます。
P3230674_2P3230671_2

米粉を薄くつけてきつね色になるまで揚げます。
カリフラワーがほくほくとしておいしいおかずです。
塩こしょうにレモンを搾ったさっぱりとしたタレにつけていただきます。
P3230673_2P3230675_2


|

スター☆フルーツ

カットすると断面が星のかたちをしている南国の果物「スターフルーツ」。

日本ではなかなか知っている方は少ないでしょう。
べトナムでもよく食べられています。
パパイヤと一緒で熟れる前は野菜としてお料理に。熟れたものは果物として食べます。

沖縄産のスターフルーツがあったので食べました。

まず、真ん中に種があるので5個の尖ったところを切ります。
P3090514
そして三角になったちょうど頂点にスジがあるので薄くそぎます。
P3090515

P3090518

手前にあるものが中心の種の部分。
向こう側には食べる部分。
まわりの皮はむきません。そのまま食べられます。
P3090517

塩ととうがらしを混ぜたものにつけて食べます。
ちょっと不思議。
P3090516

真夏にのどが乾いたら食べたいと思う感じで、シャキシャキとした食感とみずみずしくてジューシーでさっぱりした味。
例えるなら、ヤーコンみたい。

|

宮古島より

P3020483_2
宮古島から届くkitchenで使っているハーブのひとつ「レモングラス」。
宮古島の商品には「うみがめ」のシールがついています。

小口に切ってクイジナートへ。
ひとまわしかけてみじん切りにします。

そのままジップロックに入れて冷凍保存してストックしておきます。

P3020485

|

仕込中

P1190234_2P1190252P1190256

以前にも紹介した「ハスの茎」です。
甘酢付けになっているハスの茎はサラダとしてメニューにしています。

そのハスの茎を一本一本うす皮をむき、ドレッスングがなじみやすいようにななめに切ってます。

「ヌクチャム」というべトナムの万能たれと一緒に香菜や赤たまねぎなどと一緒にあえて、サクサクのえびせんにのせていただきます。


|

バジル炒め

P1190239


P1190241


P1190245
「鶏とバジルのいためもの」
定番メニューではないですが、今月のおすすめなどで紹介しているメニューです。

鶏肉、たまねぎ、ピーマン、赤ピーマンを炒めて調味してそこにひとつかみのバジル。
具材が見えなくなるほどフライパンいっぱいに加えたバジルも、ひと振りすると他の具材となじんでいい香りをただよわせます。
フライドオニオンと香菜をたっぷりのせてできあがりです。

「タイバジル」「ホーリーバジル」「ホーラーパー」などこのバジルの呼び方はいろいろ。
イタリアンバジルとは違った独特のいい香りをしたバジル。宮古島から空輸されてkitchenに届きます。


|

今年もありがとうございました

2010年は
「kitchen.」1月5日(火)から通常営業。
「Cafe Hai」1月2日(土)から通常営業です。

どうぞ宜しくお願いします。

|

ありがとうございました。

Img_4017Img_3919Img_3863Img_3791Img_3785Img_3491Img_3623Img_3202Img_3240Img_3388Img_4060_2Img_3811

今年も「kitchen.」をご愛顧いただきましてありがとうございました。
来年は1月8日(木)から通常営業致します。
2009年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

今年タイとインドに行った時の写真です。

|

タイ紅茶

Dsc_0182_2Dsc_0187

来年4月、東京都現代美術館のカフェのオープンの準備で、チェンマイまで買い付けに行ったときに飲んだタイの紅茶。
リーフをグツグツと濃く煮だして、エバミルクをたっぷり入れていただきます。
とっても甘くておいしいです。

|

インド料理その2

Dsc_0093Dsc_0096

Dsc_0100Dsc_0101

今回もたくさんのインド料理がテーブルいっぱいに並びました。
サモサはじゃがいもとかぼちゃの2種類。生地ももちろん手づくりで、ねじねじに包みます。回りがカリッとしておいしいサモサです。


|

とりなべ

江古田にあるべトナム屋台食堂「maimai」の足立さんと深沢さん。
一緒に「とりなべ」を囲みました。

Dsc_1383

とりだしと甘酒を入れたおいしいスープにパクチー、水菜、万能ねぎなどが入ります。
鶏もやわらかく、お野菜シャキシャキしてもおいしい、シンプルでありながら体もあたたまる鍋です。

Dsc_1382

ご予約の時に事前にご注文をいただければご用意致しますので、ぜひお勧めです!!


|

空芯菜の炒め物

近頃はスーパーでもよく目にする「空芯菜」。
kitchenでは茎は細く裂いてサラダに、葉の部分は炒め物に使っています。

空芯菜の炒め物の紹介です。

まず油に、にんにくを炒めます。にんにくが色づいたら、空芯菜を入れます。
Dsc_1380_3

ヌクマム、しょうゆ、水、、、など調味します。
Dsc_1383

手早く混ぜ合わせ、お皿に盛りつけます。
Dsc_1385_2

チリソース、大葉をちぎって、ライムを絞り、ピーナッツを散らしてできあがりです。
Dsc_1387


Dsc_1388


Dsc_1389


|

とうもろこしのチェー

とうもろこしの「ひげ」。

Dsc_1329_2
「ひげと一緒にとうもろこしを茹でると香りがいっそう良くなるんですよ」と丁寧にとうもろこしの皮をむきながら教えてくれたけいこちゃん。
べトナムが大好きで、kitchenでもお料理の腕を振るってくれます。

Dsc_1330

とうもろこしは実をこそげて、ひげと一緒にコトコトと煮ます。
ひげの効果で、とうもろこしの甘くてこうばしい香りが広がります。
Dsc_1320
お椀にもってココナッツミルクをかけてできあがり。
とうもろこしのプチプチした食感が楽しめる、簡単に出来て体にやさしい旬のべトナムスイーツです。

Dsc_1325

|

干しもの

Dsc_1276Dsc_1274
ベンタイン市場で買って来た赤いカゴのようなものは干しものを入れるもの。
青いパパイヤときゅうりをスライスしてヌクマム漬けを作りました。
干すことで水分がほどよく抜けて歯ごたえのあるおいしいお漬け物ができました。

|

5月21日から通常営業

またまたべトナムからの大きなダンボール。配達の方は2階まで大変ですね。
ライスペーパーも戻しやコショウひき、器などなど。

とっても素敵でかわいいものをたくさん仕入れてきました。
Dsc_1046_5


Dsc_1047_2Dsc_1050_2

|

Dsc_0770Dsc_0769Dsc_0772Dsc_0773

とっても大きな筍です。
木の年輪のような切り口、きれいです。
そしてとうがらしとぬかと一緒に煮ます。

べトナムでもスープやサラダなどに筍を使ってよく食べられます。

|

フライドオニオン

Dsc_0449_2Dsc_0452
ベトナム料理のトッピングに欠かせないもののひとつとして「フライドオニオン」があります。

エシャロットのような小さい赤玉葱をスライスして揚げたものです。
アメリカ産のフライドオニオンもでていますが、小麦粉をつけてから揚げているものもあるようで、べトナムのものとは少し違います。

サラダにトッピングしたりフォーに入れたり、いろんな料理の最後の仕上げに加えたりして風味を楽しみます。

|

ハスの茎

Dsc_0360_3Dsc_0361
小さなかわいいレンコンのようなもの。
「蓮(ハス)の茎」です。

どんな食材でも余すところなくきれいに調理して食べるべトナムの食文化はすばらしいです。

蓮(ハス)に例えていえば、葉は食材などを包むものに、花はお茶に、実はデザートや食材として、茎や根(いわゆる蓮根(レンコン))も食材として食べられているのです。
香りを楽しみ、食感を楽しみ、それぞれの素材に応じた調理法があって、その食材のすべてをを知り尽くしているからこそ成せる技ですね。

この蓮(ハス)の茎は甘酢づけになっていてヌクマム(魚醤)を使ったタレとレモンのさわやかな酸味を合わせてあえるととってもおいしい一品になります。シャキシャキとした食感の楽しさも味わえます。

|

せいろ

P2070946_2

kitchenの準備のまず始めは「せいろ」を火にかけます。
この「せいろ」は台湾に行ったとき買いもとめた「人間国宝」の方が作られたせいろです。
毎日使うものなのでしっかりした丈夫なせいろを探していたとき、ちょうど目にとまりました。
手作業できれいに竹で編みこまれていて美しいです。

そんなせいろを使ってバインベオという蒸し春巻きを作ります。

P2070935P2070938

米粉を使った液体を小さなお皿に流し入れてしばらく蒸します。せいろをあけるともちもちに米粉が蒸されておいしい蒸し春巻きが出来上がります。

|

kitchenの生春巻き

kitchenでも毎日たくさんの生春巻きのご注文をいただきます。
そんなkitchenの生春巻きのご紹介です。
水にくぐらせたライスペーパーの上には、まず米の粉を蒸した小さなライスペーパー、これがもちもちした食感となっておいしさのひとつです。
さらに大葉、豚肉、きゅうり、ねぎ、えびをのせて最後にグリーンカールをのせて手前からくるくると、そして両側のライスペーパーを折り込んで巻き込んでいきます。
えびが透けて見える生春巻きの出来上がりです。
えびと豚肉のおいしさと野菜のシャキシャキとしたはざわり、そしてもちもちした食感のするちょっと太めのボリュームのあるとってもおいしい生春巻きです。
P1250898

P1250903

P1250905

P1250893

P1250894

P1250895

P1250896

|

kitchen 2008

今年のスタートは、ベトナム料理本の撮影からスタートしました。
発売は4、5月あたりです。とってもおいしいベトナムの手軽なおかずがたくさん載っていますのでお楽しみになさって下さい!
P1110871
そんな撮影中のランチタイムのひとときです。本日はベトナムカレー。

そして、おまけに撮影前のちょっとしたまかないのパンケーキ。
P1110863

1月15日からは「kitchen」始動です。本年も宜しくお願い致します。

|

サクサクウエハース

Pc220822_2Pc300850
ベトナムに行く度に毎回機内持ち込みで仕入れてくる「香菜ウエハース」。
入っているケースにはベトナム語で「BANH KEP NGO」と書いてあります。
ホーチミンのベンタイン市場で購入できます。
でもとっても繊細なので割れやすいので気をつけて下さい。
生の香菜を入れているので緑色がきれいに透けていて、中にはピーナッツクリームが入っています。
ひとつひとつ手焼きで作っているこのウエハース、そのまま食べたりアイスに付けて食べたりするととってもおいしいです!!

|

ダイアモンド

Pc230833_2
今日はちょっとkitchenの家族のはなしです。
いつもお世話になっている祖父母が結婚60周年の「ダイアモンド婚」で、お祝い会をしました。
こんなにも長く連れ添っていられる夫婦だなんてとっても素晴らしいことです!
これはその時のお祝いのケーキです。
以前もオーダーさせていただいたことがあるSWEETCHさんのケーキです。「きな粉と黒豆のシフォンケーキ」焼いてもらいました。
普段、甘いものを禁じられている祖父も喜んでいただくことができました。この二人の顔のクッキーもとってもそっくりなんですよ。
これからもお幸せに…

|

蓮の実

Pc110748Pc110740


Pc110746Pc110745Pc110752Pc110753_2
ハノイから貴重な荷物が届きました。
とっても頑丈に梱包されています。ダンボールの周りには透明のテープがびっちり貼られて光っています。
開けるのにも一苦労です。
中身は今回ベトナムの買い付けで見つけた新商品の「蓮の実」です。
日本で蓮と言えばレンコンをよく食べていますが、実の部分はあまり目にしませんね。時折、甘納豆として売られているのを見かけます。
ベトナムでは蓮は茎はサラダに、実はごはんやスイーツになどにしてよく食べられています。
そんな中、ハノイで蓮の実の「フリーズドライ」を発見しました。
乾燥していないので、このままポリポリ食べられます。
とってもおいしく、トウモロコシの香ばしさと甘さを感じる味わいです。またベトナムからのおいしいものが増えました。
kitchenではサラダのトッピングに使っています。

|

宮古島より

Pc060680_2
エスニック料理でよく使われる香菜(写真右)とバジル(写真左)。
kitchenでは宮古島から直送で届いています。

このバジルは「ホーリーバジル」という種類で、イタリアンで使われているバジルと見た感じは似ていますが、茎の部分が紫色をしていて、香りも味も違います。
料理には「バインセオ」「揚げ春巻き」「ゆで豚のベトナムスタイル」などに添えています。その他の野菜と一緒に巻いてお召し上がりいただいてます。ぜひホーリーバジルのおいしさを味わいにいらして下さい。

|

ベトナムから

Pb260610_2Pb260606_3
ダンボールの中に埋もれている珠美シェフ。
ベトナムでの滞在を終え、帰国してくると、必ず後から追って大荷物が届きます。
なんとそのダンボールの大きさはいつもかなり大きいです!!
今回は、みかん箱の6倍ぐらいの大きさの物が3個届きました。以前は、人が2人ぐらい余裕で入りそうなダンボールが2個届いた時もありました。
中身はこんな感じで「雑貨」「食器」「調理道具」「本」などなど…。
kitchenスタッフはみんな「かわいい〜!!」っていいながら何が入っているのか楽しみに開けています。
ほんと、どれも手に取るもはすべてかわいいものばかりで、色とりどりの「かご」やキッチュな「雑貨」軽いアルミの「カトラリー」など、毎回似たようなものですが、ちょっとデザインが違う品々を仕入れて来てくれます。

Pb270611Pb270613

ほんの一部の荷物と、手にするとビックリするぐらい軽いアルミのカトラリーの数々。
ベトナムでの食器も近頃はプラスティックに変わってきているので、これらはとても希少価値なものです。
これらの荷物はkitchenの中で使われたり、店内に飾られたり、撮影で使ったり…。
あまりにもいろいろありすぎて、なかなか登場できないものもちらほら。

ベトナム人は本当に器用で、センスがあるようなないような…またベトナムの魅力を感じる時でした!!

|

たのしみ

Pa240421

ある日の「まかない」です。「レットカレー」
日本のカレーとは違って煮込まなくても、ココナッツミルクとカレーペースとで手軽にできるとてもおいしいカレーです。
いつもおいしいまかないを作ってくれるシェフ。営業前の短時間での至福の時間です。

|

その他のカテゴリー

diary | news | 料理教室